信頼と安心 地域のハウスドクター タスカル -TASKAL-

無理なく、無駄なく、賢く省エネ!

今後、電気、ガス、
灯油の料金ってどうなる?

電気、ガス、灯油などのエネルギー源は生活する上でなくてはならないものです。高いから使用を止めることは出来ないのが現状です。エネルギー源別に今後価格がどの様に変化するのか予測し、その上で上手に使っていく対策を立てましょう!

電気料金(値上がり傾向)

電気料金はガスや灯油など海外から輸入するエネルギー源に比べて、価格が安定しています。ところが福島第一原発事故以来、電力供給に対する不安定化と電力値上げ圧力が高まってきています。

電気料金の主な値上がり要因

  • ①原子力発電所停止の長期化による火力発電の燃料費増加
  • ②シリア・イランなどの中東情勢の悪化による火力発電燃料の価格高騰
  • ③自然エネルギー普及促進のための『太陽光発電促進付加金』の増加

東京電力エリア内で既に企業向け17%、個人向け10%の電力料金アップが発表されています。今後、関西電力をはじめ各電力会社が追随する可能性もあります。今後の電力料金アップを意識しておく必要もあるかも知れませんね。

ガス・灯油料金(値上がり傾向)

ガス・灯油料金は原油価格に連動しているため、中東情勢など海外の動向に大きく左右されます。特に、ここ最近では上がる傾向にある様です。

ガス・灯油料金の主な値上がり要因

ガス・灯油料金は海外情勢に大きく左右されます

  • ①中東情勢(シリア・イランなど)の悪化によるエネルギー価格の高騰
  • ②中国やインドなどの新興国の需要増加による供給量の逼迫
  • ③インドネシアなどの輸入先の規制による需要の逼迫
  • ④リーマンショック、ギリシャ危機など、経済の急激な悪化による投機マネーの資源への急激な流入
  • ⑤福島第一原発事故による世界的な脱原発の流れによる火力発電需要の増加

ガス・灯油料金は海外情勢に大きく依存する傾向があります。中東情勢や景気変動、自然災害などの急激な価格変動もありますが、新興国の化石燃料の需要増加などは長期的に見込まれることが予測されます。今後は少しずつ料金が上がっていくと考える必要があります。

原油価格の動向

原油価格の動向グラフ 上図:原油価格の推移
リーマンショックによって原油などのエネルギーや資源に投機マネーが集中し急激な高騰を招いています。

ご相談・お問い合わせはこちら

資料請求はこちら

このページのトップ