信頼と安心 地域のハウスドクター タスカル -TASKAL-

サービス

あったかリフォーム

タスカルがご提案するあったかリフォームコンセプト

・健康に良く快適な省エネリフォームです

温かい、寒いなど不快感を感じることは体にとってもストレスになり、健康を害することがあります。20年以上前に設計された家は各部屋ごとに暖房するという考え方で、冬場の廊下やお風呂、トイレなど非居室は非常に寒さを感じます。暖かい部屋から寒い場所に急激に移ることで、ヒートショックによる脳卒中が原因で死に至るケースも多く見られます。家の断熱性能を上げることで、ご家族の健康を守りたい。それがタスカルの想いです。
断熱性能を上げることは、暖房費の抑制にも繋がり、省エネ、光熱費の節約にも繋がります。

あったかリフォームの良くある悩み

・どの様な工事をするのですか?
 【窓の改修】

熱の出入りが最も大きいのは窓です。窓を単板ガラスから複層ガラスに交換したり、内窓を設置することで、大幅に断熱性を上げることが出来ます。また、サッシの機密性を上げることで隙間風の進入を防ぎ、暖かさを持続させます。

 【断熱材の施工】

床や壁、天井に断熱材を入れることで、断熱効果を高めます。以前は、グラスウールが一般的でしたが、更に断熱性能の高いロックウールや発砲ウレタンなどの素材が使用される様になっています。

【床暖房】

温水式などの床暖房を設置することで、足元から暖かくし、体感温度を高めます。部屋全体の温度環境が同じでも、体感温度が改善されます。

【浴室暖房機】

冬場の居室と浴室温度差はとても大きく、居室に居た感覚で、浴室で着替えをするとヒートショックによって、ときには命を危険に晒すこともあります。浴室暖房機で温度のバリアフリー化を行います。

【間取りの変更】

昔の家では、日当たりが良く条件が一番よい部屋を客室や座敷などお客様用の部屋に当てていた場合が多くあります。家の中で最も条件が良い場所に家族が過ごす部屋を移動します。

・全ての場所をリフォームする必要がありますか?

家全体の断熱効果を高めることは理想的ですが、ご予算や使わない部屋などもあるかと思います。全てをリフォームしなくても、普段良く使用する場所のリフォームだけでも効果があります。

・結露対策もしたいのですが。

窓の断熱効果を上げることは結露対策にもなります。冬場に窓の水滴でカーテンが濡れたり、床が濡れて変色することを防ぐことができます。ただし、室内の湿度が高いと断熱効果を高めても結露が発生しますので、同時に、湿度を下げる工夫も必要です。

・夏場はエアコンの効きも良くなるのですか?

断熱効果が上がれば、冷房の効果もj高まります。エアコンを数時間運転して停止しても、冷房の持続効果が高まります。外壁に遮熱塗装を行ったり、窓にスダレなどで日射を遮ることも効果があります。

・光熱費も下がるのですか?

断熱効果が高まれば、短時間冷暖房しただけでも持続性が長くなります。したがって、光熱費も抑制され、家計にも環境にも良いです。

あったかリフォームのポイント

・あったかリフォームの優先順位

家の断熱性能を上げるためには最も熱の出入りが大きい部分から行うのが効果的です。

1.開口部(窓・ドア)の断熱性能を上げる
実に7割もの熱の出入りがあるのが窓です。窓の断熱性能を上げるだけで室内の温度環境が大幅に快適になります。
⇒ 効果のある断熱改修 : 内窓、ガラス交換
2.外壁の断熱性能を上げる

窓の次に熱の出入りが大きいのが外壁です。外壁の断熱性能を上げることで、温度環境を改善します。

⇒ 効果のある断熱改修 : 断熱材の充填
3.屋根・天井の断熱性能を上げる

屋根の遮熱・断熱効果を高めることで熱の出入りを抑制します。

⇒ 効果のある断熱改修 : 断熱材の充填
4.床の断熱性能を上げる

昔の住居の場合、床下に風を通すため、床からの熱の出入りが大きくなります。床暖房を施工する場合でも、先ずは床の断熱効果を高めてから、施工すると効率が良くなります。

⇒ 効果のある断熱改修 : 断熱材の充填、床暖房
5.浴室のあったかリフォーム

浴室の一番人気は浴室暖房機の設置です。寒い冬場でも暖かく過ごすことができます。窓の断熱改修やお湯が冷めにくい魔法瓶浴槽もお勧めです。

⇒ 効果のある断熱改修 : 浴室暖房機、内窓、魔法瓶浴槽
6.番外編(間取り変更)

普段よくいる居室などを日当たりの良い場所に移動することで、暖かい住環境づくりができます。

⇒ 効果のある断熱改修 : 間取り変更

あったかリフォームと相性の良いリフォーム

・あったかリフォームの優先順位

あったかリフォームと同時に実施することで、手間を抑え、施工費を安くしたり、リフォーム後の効果が高まるいくつかのリフォームをご紹介します。

・外壁・屋根改修

外壁や屋根瓦を外して再度設置するときに断熱材を入れ込むことで、施工費が大幅に削減できます。

・オール電化、省エネガス機器への交換

断熱改修を行うと、省エネ効果が高まりますので、住宅機器性能の効果をたかめ、光熱費削減効果が更にアップします。

・太陽光発電

省エネ効果が高いため、電力使用量が抑制されるので売電金額のアップに繋がります。

あったかリフォームのプラン

・内窓設置

現在ある窓の内側に更に窓を設置することで、室内の断熱効果を高めます。更に結露の抑制、防音効果、防犯効果なども期待が高まります。

・断熱材の充填

屋根裏、壁、床に断熱材を充填し、熱の出入りを小さく抑制します。グラスウールの他にロックウール、発砲ウレタンなどの断熱材があります。

・床暖房

リビングやダイニング、キッチンといった人が良く出入りする場所に床暖房を設置することで、体感温度を大幅にアップます。

・浴室暖房機

浴室の温度環境を大幅に改善します。

あったかリフォームの流れ

・お客様ヒアリング

専門家がお客様の現状の課題のヒアリングや現場調査を行います。

・あったかリフォームのご提案・お見積もり

ヒアリング、現場調査の結果を元に現状の課題のご説明と課題の改善策をご提案します。また、お見積もりも合わせてご提案させて頂きます。

・あったかリフォーム工事のご契約

ご説明にご納得頂き、優先順位を付けた上で、あったかリフォーム工事の請負契約を締結させて頂きます。

・あったかリフォーム工事の施工

工程表にそってあったかリフォーム工事を実施します。

・工事完了・お引渡し・アフターフォロー

完了検査を行い、保証書を発行します。工事が原因で万が一不具合が生じた場合には、スピーディに対応いたします。

あったかリフォームについてもっと知りたい

・あったかリフォームに関するイベントに参加したい

あったかリフォームに関する展示品があるイベントに参加して、情報収集したい。

・施工事例が知りたい

あったかリフォームに関する施工事例集が欲しい。

・あったかリフォームの相談をしたい

リフォーム内容や費用など、お気軽にご相談ください。現在の家の図面(ある場合)をご相談時にご持参ください。

・あったかリフォームの見積もりが欲しい

あったかリフォームに関する見積もりが欲しい。

お問い合わせはこちらへ

ご相談・お問い合わせ

このページのトップ