信頼と安心 地域のハウスドクター タスカル -TASKAL-

ライフスタイル

中古を買ってリフォーム

新築も検討しているが良い立地が無い、希望に添えるモノはコスト的にきつい、一方で、建売住宅は安いけれど、間取りやデザインは自由にならないなどお客様のニーズにフィットする物件を探すのは中々難しいものです。しかし最近は住宅流通も多様化しております。様々な条件の物件があり、各々お客様のニーズに合った中古物件を購入して自分色にリフォームする。そんな方々も増えてきております。注文住宅の様な自由設計で、住宅の取得コストを抑えたいというニーズが中古物件には存在します。中古住宅を購入してリフォームする選択肢も大変お勧めです。

こんな方にお勧め

長くローンを組むのは不安

新築物件を購入する場合、多くが35年ローンを組み、月々7万円以上のローンを組まれる方が大半です。収入が今後安定するか分からない状況で、長く大きな金額を支払い続けることに不安を感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

いずれは別の場所に引っ越して賃貸に出したい

お金が溜まるまでは無理せず、中古物件を購入して、その後に子どもの成長に合わせて、新築を計画。購入した中古物件はいずれは賃貸に出したい。

立地条件の良い物件に住みたい

新築用の土地は立地条件が良いと高くて、住宅取得費用の大半を占めます。そうした場合、家に掛けられる費用が少なくなってしまうので、立地条件の良い中古物件を購入して、必要な箇所をリフォームして住めば土地も建物も満足です。

古民家を改装して住居兼カフェにしたい

農村部にいくと、とても立派な古民家があります。相続の関係や引越しで売りに出されるケースがあります。この様な物件を改装して住居兼カフェに改装するのも素敵ですね。

中古物件には新築にない
様々なメリットがあります。

物件の取得費が安い

日本の法律上、建物の耐用年数は木造で約25年となっています。このため、構造的にも住宅性能的にも問題のない物件であっても、建物の資産価値はゼロと見なされ、土地だけの価格で物件が販売されているケースも多々あります。したがって、建物はほぼタダで入手できたことになります。

立地条件の良い物件の入手

土地だけで物件を購入するよりも立地の良い物件が建物も付いて割安に購入することができます。
小学校など近所あれば通学も安心です。

自由にリフォームが行えます

新築の場合、注文住宅であれば費用が高くなりやすい傾向にありますが、建売住宅だと間取り、デザインが自由にできません。その点リフォームであれば、予算に合わせて、間取りやデザインを自由に設計することが可能です。

将来的に生活の自由度が高い

住宅の取得費が安いため、ローンを早く終えることができたり、長期間のローンでも月々の支払額を低く設定できますので、将来的に生活スタイルが変わって、引越が発生しても賃貸に出したり、住居を売却することで生活の自由度が高いのが魅力的です。

中古物件取得には
いくつかの注意点もあります。

建物の状態

中古物件は、年数が経っているため、建物が劣化している可能性があります。中古物件を購入の場合は補修費用や建物の痛み具合の把握も必要ですので、購入前にリフォームの専門家に見てもらうのが良いでしょう。

部件の歴史を把握

建物には以前使用していた方々がどの様に使用していたのか、何人の手に渡ったのかなど把握しておくことが大切です。特に、売主側の抵当権が設定されている場合は、しっかり外してもらうことを確認してから購入しましょう。

物件とリフォーム費用の把握

物件を購入したけれど、後からリフォーム費用が思った以上に発生したというケースもありますので、購入前にリフォーム費用の把握もしておきましょう。

ご相談・お問い合わせ

このページのトップ